担当している主な業務

リーダーという役職で、自分でも開発をやりつつプロジェクトの管理なども行っています。
現在携わっているのは、大手量販店のシフト管理Webアプリケーションの開発で、従来の業務フローや外部システムとの連携仕様を踏襲しつつ、俗人化した手作業の自動化を図る事を主旨としています。
特にAIエンジンによる最適なシフトの自動作成の実現が現フェーズの大きなポイントであり、時代の先端を行く画期的な案件です。

入社のきっかけ

以前は大手のシステム開発会社に勤めていたのですが、担当できる業務が限られており、会社の歯車の一つでしかないというイメージが払拭できずにいました。
私が転職を検討していた時は、エヴァーグリーンはまだ設立から2年目に入ったばかりで、これから大きく成長しようとする会社の姿勢と、自身の成長が会社の成長に大きく貢献でき、会社を支える一つの柱として幅広く業務に携われる点に魅力を感じました。
また、採用面接の際に社長の廣木さん、役員の堀内さんとのやりとりがとても息が合っていて、お二人の魅力に惹かれたのも大きなポイントでした。

エヴァーグリーンの強み、特長

分野や業種に拘らず幅広い案件に積極的に挑戦していく姿勢は、他社と比較しても勢いがあり大きな強みだと感じています。
また、社内の風通しもよく、社員一人一人の声が全体に行き届きやすいため、社員全員が会社を成長させていくことを実感できる会社だと思います。

どのような案件が多いですか

分野や業種に拘らず幅広い案件に積極的に挑戦していく姿勢は、他社と比較しても勢いがあり大きな強みだと感じています。
また、社内の風通しもよく、社員一人一人の声が全体に行き届きやすいため、社員全員が会社を成長させていくことを実感できる会社だと思います。

エヴァーグリーンが選ばれる理由

多くのベンダーが納期とコストを意識して、品質に一線を引こうとするところで、品質向上に向けて更に一歩踏み込む気概が、お客様からの評価に繋がっていると感じます。

この仕事の難しさ

常に難しさは感じていますが、特にスピードと品質の両方を最大限に要求されているときに最も難しさを痛感します。自分一人で背負い込んでしまいがちなので、そうならないよう、個の力ではなく、チームの力で物事にあたるよう常に意識しています。

やりがい

要件を取りまとめる際に、言語化されない課題や要望が存在した場合、テストフェーズに入って実際にシステムを試走した際に初めて露見してくることが珍しくありません。
そのようなリスクを防ぐために、開発初期の段階でお客様の要望、業務をとことん理解し、要件の裏に潜む課題や要望を的確に汲み取って、より最適なソリューションをご提案し、それが狙い通りの結果につながった際に強い達成感を感じます。

ずばり!エヴァーグリーンって
どんな会社ですか?

家族みたいな会社です。
こういう言い方をしてしまうと人によっては抵抗があるかもしれませんが、別に社員同士の距離感が近いわけではなく、それぞれ好きな距離感で、強要せず、でもなにか困った事があれば支え合える関係だと思ってます。

将来の目標、今後の抱負

まだまだリーダーとして未熟な点が多いので、内外から信頼してもらえる実力を身につけるよう精進して行きます。
また、同時に若手の育成にも力を入れていきたいと思います。
社員それぞれが着実に成長を続けられればそれは会社の力となり、今よりも大きく、多くの案件を回せるパフォーマンスに繋がり、これまで以上にやりがいや達成感をかんじられる理想的な環境になると信じています。